勤怠管理の基本的な知識

勤怠管理は主に出勤時間、退勤時間を管理することで、毎日の労働時間や残業時間を計算して、毎月の出勤日数、欠勤日数、有給日数、労働時間や残業時間などの管理を行います。

企業の雇用形態として社員、パート、アルバイトがありますが、それぞれ勤務形態が変わっているために、勤務形態に応じた勤怠管理を行う必要があります。

企業と雇用契約を結ぶことになり、そこに勤務に関する内容も取り決めて置く必要があります。

@niftyニュースならお任せください。

社員では毎日の就労時間や年間の就労時間など取り決め、有給休暇の付与に関しても決めることになります。

社員は年間カレンダーに基づいて勤務することになりますが、これは法令に定められた時間や休日の取得方法、休憩時間などきちんと確保しておく必要があります。企業としてはできるだけ残業は発生しないように取り組むことになり、勤務カレンダーも残業が発生しないようにフレックスタイム制を採用したり、変形労働時間制を採用するところもあります。
変形労働時間制になると毎月の勤務日数や勤務時間は変わってきます。



その範囲内であるか確認する必要があるため、年間のカレンダーが必要になってきます。パートやアルバイトについても勤務状況によって有給休暇の付与が必要になります。
もちろん残業が発生した場合は社員同様に手当を支給しなければならないため、1日8時間、週40時間を超えた場合は残業手当を支払います。



このように勤怠管理は雇用形態や年間カレンダーによって変わるため対応できるようにします。


関連リンク

  • 勤怠管理を行うためには労働時間の基準を作ることから始まります。労働基準法に定められている時間は1日8時間となります。...

  • 勤怠管理の方法ですが、もちろんどんな会社でも組織である以上は全く勤怠管理を行っていないということはないでしょう。いつどれだけ仕事をしたか、あるいはしていないかを会社として全く把握しないというのでは、自由業のようにとにかく成果物だけで評価をするというフリーランス的仕事を除いて、組織として成立しません。...