タイムカードと勤怠管理のこと

勤怠管理が出来ている会社とそうでない会社では業績にも関わってくるほどの影響があります。勤怠というのは出勤してから退勤するまでの時間ですが、仕事の効率と大きく関わってくることになります。

従業員の人数や総時間数を見ることによって仕事に偏りが出ていないか、残業時間数を見ることによって負荷がかかっていないか確認することができます。
最近は特にメンタルヘルスやコンプライアンスということから、長時間労働をできるだけ抑えようという動きがどこの会社でもあります。

そのためにも勤怠管理は必要なことで、従業員ごとに何時間働いているのか確認できるようにしておく必要があります。



出勤や退勤といった時間はタイムカードによる情報収集が一般的でした、タイムカードは紙でできていてカードをタイムレコーダーに差し込むことで時刻が打刻されるのです。

しかし紙に印字されるという方法のため、アナログであり集計は人が手作業で行わなければならないのです。毎日の勤務時間数の集計と残業時間数の集計、月間の勤務日数や時間数をすべて計算しなければならないことになり、従業員の人数が多いとかならの作業負担となってしまうのです。
アナログからデジタルに変える動きが目立ってきており、タイムカードからICカードを利用したものやバーコードやパスワードによる出勤、退勤の記録を行う機器が増えてきています。



データで杏里できるということから勤怠管理も自動的に計算できるなどメリットがあります。

暮らしを豊かにしてくれるエキサイトニュースの情報がてんこ盛りのサイトです。

関連リンク

  • 勤怠管理を行うためには労働時間の基準を作ることから始まります。労働基準法に定められている時間は1日8時間となります。...

  • 勤怠管理の方法ですが、もちろんどんな会社でも組織である以上は全く勤怠管理を行っていないということはないでしょう。いつどれだけ仕事をしたか、あるいはしていないかを会社として全く把握しないというのでは、自由業のようにとにかく成果物だけで評価をするというフリーランス的仕事を除いて、組織として成立しません。...