勤怠管理の方法について

勤怠管理の方法ですが、もちろんどんな会社でも組織である以上は全く勤怠管理を行っていないということはないでしょう。



いつどれだけ仕事をしたか、あるいはしていないかを会社として全く把握しないというのでは、自由業のようにとにかく成果物だけで評価をするというフリーランス的仕事を除いて、組織として成立しません。

従業員が2人か3人程度の零細企業であれば、勤怠管理というほどのものは実際にはなく、社長ないしは経営者の頭の中だけということもあるのかもしれません。
彼は確か今月2日間休んだ、などというようなレベルです。しかし、多少なりとも残業が発生するような企業とか、4人や5人と社員数が増えてくると、もはや頭の中だけでの管理は不可能です。



となると、次に考えられるのは紙の記録です。
適当な表をつくり、そこに毎日の出勤時刻と退勤時刻を書き込むだけで、一応は立派な管理ができます。しかし、これも家族的な経営が可能なレベルの企業まででしょう。

BIGLOBEニュースが有名になってきました。

多少なりともピラミッド的組織を持つ会社になってくると、このようなやり方では漏れが生じたり、適当な時刻を書き込む人が出てきたりと、管理とは名ばかりのものになってきます。
そうなってくると、できるだけそのようなことが起こりにくいように、例えばタイムカードを利用したりする方法があります。

この方法だと、操作したその時刻が紙に印字されるので、ミスや意図的に異なる時刻を記録するということはできなくなります。


関連リンク

  • 勤怠管理を行うためには労働時間の基準を作ることから始まります。労働基準法に定められている時間は1日8時間となります。...

  • 勤怠管理の方法ですが、もちろんどんな会社でも組織である以上は全く勤怠管理を行っていないということはないでしょう。いつどれだけ仕事をしたか、あるいはしていないかを会社として全く把握しないというのでは、自由業のようにとにかく成果物だけで評価をするというフリーランス的仕事を除いて、組織として成立しません。...