勤怠管理と労働時間について

勤怠管理を行うためには労働時間の基準を作ることから始まります。労働基準法に定められている時間は1日8時間となります。



基本的には定められている時間数以上勤務することはできません。


しかし仕事の内容によって残業が発生してしまうことがあります。

例えば繁忙期があるような会社や店舗、生産量が大きく変わるようなメーカーなどあります。

このような場合は労使において協定を結ぶことで残業をすることができるようになります。

日本経済新聞情報は見逃せません。

1ヶ月や1年といった単位で残業できる時間数を決める事になるため、その時間数を超えていないか管理をしなければなりません。
勤怠管理はそのためにも必要となるのです。
それでも時間数を超えてしまうようなことがあれば根本的に働き方や労働時間の基準を見直さなければなりません。



例えば変形労働時間制を採用することで労働時間の基準を1日にするのではなく月や年といった単位にすることができます。

そうすることで1日の勤務時間が8時間を超えていても月や年といった単位で決められた時間数に収めることができれば残業とはならならいのです。

忙しい時期は勤務時間を長く設定をしておいて、そうでない時期は勤務時間を短くするといったことで、残業時間ができるだけ発生しないようにすることができます。

勤怠管理にはこのような勤務時間の基準をまず設定をして、それに対する実績を確認することで決められている時間内で勤務できているのか、残業は決められた単位で時間数が超えていないか管理をすることになります。

関連リンク

  • 勤怠管理を行うためには労働時間の基準を作ることから始まります。労働基準法に定められている時間は1日8時間となります。...

  • 勤怠管理の方法ですが、もちろんどんな会社でも組織である以上は全く勤怠管理を行っていないということはないでしょう。いつどれだけ仕事をしたか、あるいはしていないかを会社として全く把握しないというのでは、自由業のようにとにかく成果物だけで評価をするというフリーランス的仕事を除いて、組織として成立しません。...