コンピュータの導入というのは

企業としては、今はコンピュータの導入が必須になっています。

ですが、買うべきか、借りるべきか、ということがあります。はっきりいって、買うのは相当にコストになります。だからこそ、リースという選択肢があるわけです。もちろん、買うことにもメリットがあります。それは資産になりますし、また、長く使うことができれば、十分に設備投資の費用を回収できる、ということになります。

それはよいですが、それだけではないです。要するに慣れる、ということです。同じIT機器を使うことによって、それを使う人達が慣れる、ということがあります。これこそが大きなメリットの一つになります。ですから、あまりコロコロと入れ替えるようなことはしないほうがよいです。それは費用的なデメリットもあります。とにかくお金がかかることになりますから、それは何度も試算したほうがよいです。

つまりは、買い換えることによるメリットがあるならば、したほうがよいです。新しくすることが、必ずしも事業の効率化になるとは限らないところが難しい点でもあります。従業員が上手く使えるのか、また、事業の利益に繋がるのか、ということをよく検討してからIT機器の導入を決める必要があります。コンピュータというのは、今でも高価です。しかし、昔よりは遥かに安くなっているのは確かであるといえますから、コンピュータ導入のハードルが低くなっているのは確かです。上手く導入するべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *