分かりやすくまとめたコンピュータの世界

コンピュータは今日ではあらゆるモノや場所で活用され、私たちの生活向上に役立っています。

一般家庭に広く普及しているものとしてはパソコンからスマホ、家電、自動車などが身近に存在し、学術的世界ではスーパーコンピュータや人工知能がなどが活躍しています。厳密にはデジタルとアナログのものが存在しますが、今日ではデジタルものを指す言葉として使用されています。日本語的には電子計算機と呼ぶのが一般的で、機能的にはその名のとおり0と1の2進数で単純な計算を大規模な量で超高速に行い、簡単な計算から宇宙理論を解き明かす膨大な計算までこなす万能機です。

有名なコンピュータとしては、第二次世界大戦で連合国側が暗号解読の為に開発した計算機や、近年ではチェスの世界的プレイヤーなどに勝利した人工知能が有名です。コンピュータの基本機能を大まかに分けると演算、制御、記憶、入出力の4つの機能にに分けることができ、演算や制御をCPUが担当し、記憶は外部記憶をHDDが、一次記憶をCPUの演算処理能力と密接に関係したメモリが担い、入出力は入力側をキーボードやマウスが担当し、出力側をモニターが担っています。

また、コンピュータ単独では何の仕事も行えず、OSと呼ばれる基本ソフトと様々な仕事に特化したソフトウェアが揃ってはじめて様々な作業を行うことができます。ソフトウェアはプログラマと呼ばれる人が様々な言語で組み立てる方法で開発しており、0と1の機械語に近い低級言語から人間の言語に近い高級言語まで複数の言語が存在します。
エンジニアスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *