エンジニアスクールに通い新規ビジネスをはじめる

一昔前であれば働けば働くほど成果が生まれ、働くほどお金をたくさんもらえた時代がありました。

製造業が活気を帯び、輸出大国としてその高い技術力を活用し電子製品や車の製造を武器に大きな成果を上げていた日本経済もバブル崩壊後20年近く停滞した経済のなか抜け出せずにいました。昨今の状況、かつて日本が武器としていた家電製品の輸出は新興国の安さを武器にした戦略に押され今一つ売上が上がらない状況です。そんななか、ロボットが台頭し人工知能まで登場した現在は、サービス業や事務職までそれらに仕事を奪われるような時代になっています。

企業も効率化と人件費削減に舵を切っている現代で生きるためには新しいスキルが必要です。そんな時代の中で注目されているものが、インターネットなどの専門的なエンジニアスクールです。システムエンジニアやプログラミングエンジニアは、今後一つの職業として安定しているとされています。新しいビジネスが生まれる現場はもはやネット社会の中です。そういった環境の中で、ネットに関する豊富な知識や技術を持った人をどこの会社も求める傾向にあります。

個人的なビジネスとして副業という位置づけでエンジニアスクールに通う人もいれば、将来を見据えた転職をするためにスクールに通い新規ビジネスに携わりたいという人もいます。そういった方々へ仕事をスクールで育て、そのまま斡旋するサービスまで存在しており、時代はまた一歩変革を迎える兆しがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *