オープンソースソフトウェアを活用していく

ソフトウェアを活用していく事を考えた場合、市販ソフトや法人向けの業務ソフトや無料で使えるソフトなどの選択肢があります。

ソフトを利用する為には、用途に合った機能を持つ物を選択していかなければいけません。ソースコードが公開されているオープンソースソフトウェアもあります。このソフトは、各ライセンスに基づいてソースコードやバイナリが公開されており、ライセンスの範囲内で誰でも無料で使えるという物です。市販ソフトと同等以上の機能や性能を持っていますが、市販ソフトや業務ソフトのようなサポートはありません。

つまり、市販ソフトや業務ソフトが有料であるのは、サポートを受ける為の料金と考える事が出来ます。オープンソースソフトウェアを使う上で気をつけるべき事は、ライセンスを守る必要があるという事です。GPLと呼ばれるライセンスはオープンソースソフトウェアでよく使われているライセンスですが、このライセンスを採用しているソフトを利用して、新しいアプリケーションを公開する場合には、ソースコードの公開が必要になります。

ソースコードの公開以外にも色々な決まり事が設定されています。一方で、GPLを使ったアプリケーションのバイナリをダウンロードして使うだけであれば、ソースコード公開を意識せずに使う事が可能です。オープンソースソフトウェアは、企業が利益の為に独占せずに、世界中の開発者や利用者が有効利用出来るようにする為に考えられた物ですので、ライセンスを守って有効活用していくのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *