サードパーティ製のソフトウェアでIOSアプリ

iosのアプリはアップル純正の開発環境が必要な時代が長く続いたのですが、ようやくさまざまなサードパーティ製のアプリが作成できるようになっており、アップストアにも多数のサードパーティ製開発環境によるアプリが展示されています。

iosのアプリはアップルが求めるアプリ基準に準拠していることが大事なのですが、サードパーティ製の開発環境では独自に機能を追加した上でアプリ基準を準拠している場合が多いようです。ソフトウェア開発では用意されているアプリ開発基準を守ることが開発する上でメリットがあるのですが、アップル社の場合はその決め事がとても細かくなっており、サードパーティ製の開発環境でも準拠はとても大変だったようです。

ios用のソフトウェアはアップルのテストを突破しないとアップストアに提示されないのですが、審査は個別のライブラリにまで及び特に広告関連のソフトウェアについてはチェックが厳しくなってきたようです。サードパーティ製の開発ツールでも無駄に審査に落ちないように注意してライブラリの開発が進んでいます。

とくにゲーム分野においてはアップル純正の開発ツールよりも便利になってきてます。特に3Dを使ったゲーム開発においてはサードパーティ製ツールは他の機種での実績もあり使い勝手がとてもよいツールが多数提供されています。また、有料であった開発ツールが多かったのですが、現在ではアプリ収入に応じての価格帯に変わってきており、一定額以下の場合は無料で使えるツールが多くなっています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *