Windowsゲームの開発ソフトウェア

Windowsは業務で使われることが多いOSですが、家庭用、ホビー用としても幅広く利用されています。

特に3D系のゲームを動かす環境としてはマックとは桁違いに動作するソフトが多く、ゲーム専用機にも負けないラインナップとなっています。Windows用のゲーム開発ライブラリはマイクロソフト社が提供しているDirectXシリーズがよく使われます。DirectXシリーズはビデオカードメーカーとも協力して作られており、複雑な3Dモデリングが多い場合でも快適に遊べるようにライブラリが調整されています。

ビデオカードメーカーもDirectXに合わせてチューニングを行って販売することが多いほどです。DirectXシリーズはライブラリとして提供されており、マイクロソフト社の開発ソフトウェアであるVisualStudioだけではなく、サードパーティ製各種ソフトウェアからも使いやすいように提供されています。

そのため、3D関連が多いゲームの場合は特に3Dソフトウェアとの相性の良い開発環境を利用することが多く、業務向けやホビー向けとは違ってサードパーティ製の各種開発ソフトウェアも利用が進んでいます。ゲーム開発ソフトウェアの多くは3Dを扱えますが、ゲーム会社が注目するのは3Dを扱える事以外にパフォーマンスチェックが細かくできることだそうです。ゲームのパフォーマンスは職人技でチューニングされることが多いですが、ツールでしっかりとモニタリングできることが重要であると考えられています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *