Windowsソフトウェアの作り方

Wilndowsで動くソフトウェアは主にマイクロソフト社のVisualstudioを利用して作成されることが多いです。

他の開発環境も充実しているのですが、マイクロソフト社のVisualstudioの出来がとてもよいことからほとんどの開発者がVisualstudioを使っての開発を行っているようです。ソフトウェア開発にはプログラム言語が必要ですが、Windowsの場合はC#、C、C++が主流で、その他にJava、Javascriptなどが利用されることが多いようです。

JavascriptやPythonはインタプリタ型のプログラム言語ですが、各種ツールを使えばWindows用のネイティブソフトウェアとして公開でき、利用実績も多数あります。また、.netと呼ばれるマイクロソフト社のライブラリを使えばインターネット関連の各種サービスを手軽に利用できるようにライブラリがセットされており、また、Windowsに合わせてチューニングされていることから評価も高いライブラリ集です。

Windowsは業務で利用されることが多いので業務向けアプリ用のライブラリも豊富です。特に出力関係は有料、無料のライブラリが揃っており、特殊な帳票印刷や特殊な3Dプリンタでの出力など幅広い出力が可能となっています。また、Windowsが動くPC向けの周辺機器も豊富であり、ソフトウェア側から簡単に制御できるようにマイクロソフト社がドライバ等を用意することも多くなっています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *