ソフトウェアでのタブレット対策

タブレット型の端末が広く利用されるようになりました。

タブレット型の端末がもっとも多く利用されているのがipadです。ipadはアップル社の製品であり、iphone同様にiosで動作します。ソフトウェアの観点からすればタブレットとはいえタッチパネルがあるだけの端末と考えがちですが、現在ではタブレット特有のソフトウェアの開発が必須と考えられてきています。タブレットに注目する理由は2つあります。

1つはこれまでパソコンを利用していなかった世代にもアピールできること、2つ目は操作が簡単だと考えられており、利用者が急増していることです。特にソフトウェア開発に取っては利用者が多いことはビジネスチャンスでもありますし、通常のソフトウェアとは別ラインでタブレット向きに開発をする会社も増えています。タブレットに注目したソフトウェア開発は主に使い勝手の面に力を入れています。

タブレットは8インチから10インチ程度が多いのですが、このサイズはホームページを見るいしてもワード文書を見るにしても利用者にとってとても使いやすいサイズとなっています。特にアプリの利用については大きめのボタンで押しやすく、間違えにくいデザインとタップやスライドなどのタブ特有の動きに対応することが必要です。多くのタブ専用の動きはライブラリ化されてOSメーカーから提供されているのですが、動きがうまくまとまらない、速度が出ないなどの問題が発生することも多いので独自に実装する会社も多いようです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *