Windowsで手軽にソフトウェアを作る

Windowsで動くソフトウェアを手軽に作る方法は主に2つあります。

1つめはC#を使うことです。以前はVisualBasicも手軽に使える開発環境として人気があったのですが、現在ではC#の方が利用されることが多くなっています。どちらもVisualStudioで開発でき、GUIを含め使いやすい開発環境で手軽にアプリケションが作れると好評です。しかも.net環境を使えばインターネット関連の各種サービスを簡単に扱えることも魅力の1つです。

2つ目はOFFICEの開発環境でもあるVBAを利用することです。VBAをはVisualBasicのサブセットですが、OFFICEの各機能を直接扱えることから特にビジネス向けのアプリケーションの作製に向いています。VBAで作られたソフトウェアはVBAのランタイムが必要となりますが、Windowsなら最初から搭載されているパソコンも多く、搭載されていなくても自動ダウンロード機能が使えるためソフトウェアの実行環境を気にせずに作製できるのも魅力です。

C#もVBAもWindowsで自分のアイデアを実現するために使える頼もしい言語です。C#の方が汎用性が高いのですが、VBAでも年々使える機能が増えており、特にACCESSとの連携においてはC#よりも簡単に使えてソフトウェア開発の速度が高いとも言われています。また、C#についてはCやC++での開発と同程度までWindowsの深い部分の機能が使えることが魅力となっています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *