タイムカードと勤怠管理を調べる

勤怠管理といえばタイムカードという言葉がすぐに連想されるように、勤怠管理とタイムカードは切っても切り離せない関係にあります。
少なくとも現在のところはそういう関係にあるように見えます。



確かに、毎日の出勤時刻と退勤時刻が機械的に印字されるわけですからその点では間違いや不正などが起こる可能性が低く、優秀な仕組みであると言えます。


しかし、タイムカードによる勤怠管理は、決して全く欠点のない仕組みではありません。
個々の従業員にとってはさほど問題があるようには感じない仕組みかもしれませんが、いざ会社のスタッフ部門というか、経理などを担当したことのある人であれば、これは何とかならないものなのかと毎月感じている仕組みのはずなのです。

@niftyニュース情報といえばこちらです。

それは、各従業員のタイムカードを元にして、勤務時間を計算する必要があるからです。
毎日の残業時間数は何時間なのか、今月は有給休暇を何日消費して、あと何日残っているのか、アルバイトであれば今月の合計勤務時間数は何時間なのかといったことを一つ一つ計算しないといけないのです。

お客様に相応しいタイムレコーダーの情報をお知らせいたします。

従業員数名程度の小規模な会社であれば半日もあれば終わるような作業かもしれませんが、数十名以上もいるような会社だとこれは相当に気の遠くなるような作業になります。

給料に関係することなのですから間違いがあってはいけませんし、もちろん所定の期日に遅れるわけにもいきません。
このようなことから、タイムカードに代わるより効率的な仕組みが求められているのです。

関連リンク

  • 勤怠管理が出来ている会社とそうでない会社では業績にも関わってくるほどの影響があります。勤怠というのは出勤してから退勤するまでの時間ですが、仕事の効率と大きく関わってくることになります。...

  • 勤怠管理は主に出勤時間、退勤時間を管理することで、毎日の労働時間や残業時間を計算して、毎月の出勤日数、欠勤日数、有給日数、労働時間や残業時間などの管理を行います。企業の雇用形態として社員、パート、アルバイトがありますが、それぞれ勤務形態が変わっているために、勤務形態に応じた勤怠管理を行う必要があります。...